" /> 口呼吸と舌のクセが強い癒合歯の我が子、小児歯科矯正プレオルソをスタートするまで | BOOKKEEPING

口呼吸と舌のクセが強い癒合歯の我が子、小児歯科矯正プレオルソをスタートするまで

子供の歯科矯正

こんにちは、さなちあです。

今日は子供の歯科矯正のお話です。

タイトルの通り、我が家の一番上の子は小児歯科矯正をしています。といっても金属のワイヤーや一つ一つの歯にポチポチ付いている歯科矯正ではなく、プレオルソという装置を使用しています。
こちらのプレオルソはマウスピースタイプの矯正装置でして、常時取り外し可能な状態です。

なので歯科矯正をしていることを周囲のお友達は知りません。
歯みがきも通常通りでき、虫歯リスクも少ないのですが、もちろんデメリットもあります。

今回は歯科矯正をはじめることにしたきっかけにお付き合いいただけたらと思います。

ちなみに・・・私は歯科医師でもなければ歯科衛生士の資格もありません。

当時の歯科医師や担当の歯科衛生士さんからの説明を私なりに解釈しているところもございますが個人的な意見として聞いていただけるとありがたいです。

 

 

 

小児歯科矯正のきっかけは口呼吸と癒合歯

1才頃に気づいた子供の前歯。なんだか他の歯より大きい?癒合歯とは?

うまく説明できるなさそうなので引用させていただきます。

癒合歯は、永久歯より乳歯の方が発生率が高く、100人いれば数人に癒合歯が見られます。

主に前歯が癒合することが多く、①上顎AB②下顎BC③下顎ABが代表的です。

乳歯の癒合歯が見られた場合、後継永久歯(その下から生えてくる大人の歯)のうち1歯が先天欠如する可能性があります。

(1)上顎AB癒合歯
後継永久歯の先天欠如の確率65%
(2)下顎BC癒合歯
後継永久歯の先天欠如の確率73%
(3)下顎AB癒合歯
後継永久歯の先天欠如の確率16%

小児歯科 | あま歯科クリニック (ama-dc.jp)

我が子の場合は上の前歯とその隣の歯が2本くっついた状態で生えてきました。
上の引用でいくと①ABがくっついた状態です。

赤ちゃんだった頃、下の前歯が生えてきて、そのあと上の前歯が生えて・・・きたのですが、
「片方だけ全然生えてこないなー。」
「下の歯は少し差はあったもののほぼ同時に2本同時に生えてきたのになー。」

と思っていたら少しずつ見えてきたかわいい小さな歯。

・・・あれ?

でもなんだか他の前歯より1.5倍くらい大きくない?

そして、真ん中にひび?溝?割れている?

とこんな感じにモヤモヤしてながらなんとなく過ごしていましたが、1才半検診のときに歯科医から「これは癒合歯といって2本の歯が1本にくっついた状態で生えてきたんだよ。虫歯になりやすいから歯みがき頑張ってね。」という具合に教えていただきました。

なるほどこの歯は癒合歯なんだ。

他の歯(隣の前歯)と比べると1.5倍くらい大きいけど、隣の歯と更に隣の歯2本(反対側のAB)を足した大きさに比べると小さい。
ということは将来歯科矯正が必要かな~くらいにうっすらと考えていました。

3歳頃から歯科の定期健診を受けつつ、歯の生え代わる時期に判断をしましょう。ということになりました。

3歳頃になるとある程度生えそろってはきますが、なんだか隙間なくキチキチに生えているなという印象でした。永久歯のほうが確実に大きいのに乳歯で隙間がないとなるとやっぱり歯科矯正は必須かも・・・とうっすら考えていました。

口呼吸と顎の大きさ

我が子は赤ちゃんのときからぽかーんとお口を開けている子供でした。

生まれたての子供は鼻呼吸だと市の保健士さんに教えていただいたことがありますが、△三角に開けて寝ているお口がかわいくて「会話できるようになったら鼻呼吸を促そうかな~」と考えていました。

うちの子供も最初は鼻呼吸だったのでしょう。
ですが、風邪を引いて鼻が詰まったときに口呼吸になりその後定着してしまったのかなと思います。

あと食べ物を噛むとき、なかなか口を閉じて噛めませんでした。(今でも注意しています)

走るときもよく舌が出ていて(舌がちょっと長い!)転んで舌を噛んだら大変っ!と口を閉じるよう促してみても治るのはその時だけ。また口がぽかんと開いてしまいます。

プレオルソを始める前に何件か小児矯正歯科をやっている歯科に行きましたが、行った先々で「顎が小さいこともあり永久歯が並ばず、将来抜歯をお勧めする可能性もあります。」と言われてしまいました。

抜歯はできたら避けてあげたい!

私自身、歯並びは良くないのですが、(私も顎が小さくて下の前歯が重なっている箇所があります)定期健診でなんとか現状維持できていますし、何より親知らず以外の健康な歯を抜くことにやや抵抗があったので、多少のがたつきは目をつぶるとして抜歯は最終手段にしたいなという考えです。

矯正専門の医師に診てもらったところ、口呼吸だと鼻の下にある骨、つまり上あごの発達が遅くなるようです。
生まれつき骨格の顎の小ささもあり、更に上あごの発達が遅くなってしまったため歯が並びきらないという状態です。

口呼吸って鼻のフィルターを通してないから体調を崩しやすいとか、集中力がないとか聞いたことはありましたが、顎にも影響がでるとは知りませんでした。

舌のクセが強い

先にも書きましたが、走るときに舌を出して(前歯で噛んでいる感じ)いるくらい頻繁に舌が出ている我が子。

この舌を出すクセも歯並びに影響がありました。

舌を出すクセ以外にも、常時舌の位置が正しくないようで、かなりクセが強いと言われました。

歯科医師の話では我が子は舌で前歯をずーっと押しているそうです。

歯並びが悪くなるように舌で矯正しているようなものだそう。

あと、唾を飲み込むときに舌を前に出さないと飲み込めないというクセが付いていました。

唾だけでなく、食べ物を飲み込むときには必ず舌が前に出ます。

という矯正歯科で毎度のごとく癒合歯・口呼吸・顎・舌とご指摘をいただき、

「ちょっと難しいタイプだと思います」という回答をいただいています。

歯科矯正の値段はピンキリで、この話も後ほど記事にできたらと思いますが、我が子の場合

例えばA矯正歯科では60万円~100万円とHPなどに出ていても、診察してもらうと100万円に近い金額で見積もりが出てきます。

それほど複雑なタイプの口腔事情なのかなと思います。

どのタイプで歯科矯正を始めても、舌のクセは直さないと強制終了後に歯が戻ってしまう可能性が高いとのこと。

一番意識していなかった舌のクセが一番の曲者なんじゃないかと思ったわけです。

まとめ

今回は我が子の歯科矯正を始めるまでをざっとご紹介しました。

当時のことを思い出しながらまとめたので掘り下げるともっとエピソードが出てくるかもしれませんが、書いていてなかなか大変だったな~としみじみしてしまいました。

プレオルソのことや何件か診ていただいた歯科で感じたことなどはまた別の記事にできたらと思います。

読んでいただきありがとうございました♪

さなちあ

コメント

タイトルとURLをコピーしました