" /> 指しゃぶりがやめられない5歳。いつまで続くのか? | BOOKKEEPING

指しゃぶりがやめられない5歳。いつまで続くのか?

指しゃぶり

こんにちは、さなちあです。

今回はタイトルの通り指しゃぶり(指吸)がやめられない2番目の我が子のお話。

5歳の現在も指しゃぶりやめられません。

絵本を見せたり、歯並びの写真を見せたり、指に絆創膏やテーピングを巻いてみたり、保育園の先生からお話していただいたり。
寝るときに手をつないでは振りほどかれたり。

3歳頃から色々試してみましたが、現状は継続中です。

今回の記事はそんな指しゃぶりがいつから始まったのかという経緯と、いつまで続くのかという考察をしていきたいと思います。

5歳の我が子、指しゃぶりはいつから始まったのか?

さて、指しゃぶりがいつから始まったのか。

これは生まれる前、お腹の中にいたときからエコーで見えていたと思います。

生誕後、生後1か月のころには指しゃぶりをしていました。

月齢が大きくなって授乳後すぐに眠れないときは指しゃぶりに自分で切り替えて入眠していました。

当時の私は

「勝手に寝てくれるなんて助かる~」と喜んでおりました。

この指しゃぶりが5年も続くとは思っていませんでしたが。

指しゃぶりの原因はなに?

新生児や1才ごろの指しゃぶりは発達の上で必要だ。

といいますが、2歳以降の指しゃぶりは原因があるのではと思います。

よく言われるのは下の子が生まれたなど環境の変化を感じ取っている。

我が子の場合、当時生まれる前から在宅で仕事をしており、出産後時間が空けばパソコンで作業していました。

月齢が上がっても日中はパソコンの前にいることが多かったので、家じゅうをハイハイやずりばいしながら疲れたら指しゃぶりしながら勝手に寝てくれるので私にとっては指しゃぶりはありがたい存在でした。

指しゃぶりして寝てるのならおしゃぶりはいらないようで、指しゃぶり一本で(実際には両親指の2本)5歳までやってきました。

当然卒乳しても続いていた指しゃぶり、原因はあるのかな?と思い立ったのが2歳頃。

やはり「さみしさ」や「環境の変化」「落ち着くから」などが挙げられていましたが、我が子の場合もがっつりかまってあげられなかったので「さみしさ」や心の安定のための「落ち着く」からという原因がありそうです。

指しゃぶりは減ってきている

満3歳までは昼夜問わず指しゃぶりをしていましたが、徐々に減ってきました。

きっかけは3歳児から通いだした保育園。

担任の先生の促しや周りの園児の目もあるのか、4才になる前には保育園では指しゃぶりをしなくなっていました。

その代わり保育園の門を出たらすぐ指吸い!

日中、とくに外出しているときは声かけで指しゃぶりをやめるようになりましたが、家でテレビや動画を見ているときや眠たくなったときはもう何をやってもやめられません。

しかし、減ってきているのは確かなので、無意識で減った部分と意識的に減らせた部分があるようです。

指しゃぶりを完全にやめられる日はくるのか?

何歳までにという親の目標はないのですが、(辞められるのなら3歳頃に辞めさせたかった)6歳臼歯が生えるまでには辞めてほしい!というのが親の希望です。

もし、明日から辞められたとしてもすでに上の前歯は出ているし、下の前歯は奥に倒れ気味なので歯科矯正は避けられないのですが、大人の歯が生える前に辞められたらいいなと思います。

5歳の我が子本人に「なぜ指しゃぶりをするの?」

と尋ねたところ、

「だって、おいしいから」

本人にしかわからない味があるようです。

習慣化してしまっているので、原因云々ではないのでしょうか。

そこに指があるから吸う

そういう感覚なんだと思います。

ただ、先に書きましたが、意識的に辞められたところもあるので、そういった部分を増やしてあげられたら今よりも指しゃぶりをする時間が短くなるのではと考えています。

5歳の指しゃぶり、いつまで続くのか まとめ

遊びを通じて無意識に指しゃぶりをしない時間を増やすことと、指しゃぶりを「我慢」したり意識をして「やらない」選択をできるようにサポートすることが大事なのかと思います。

とはいえ、まだまだ吸っているので今後も指しゃぶりを辞められるように促していこうと思います!

ではまた!

さなちあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました